メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「お祭り 茨城県」のイベント一覧

第29回花立山星まつり

天文台の大望遠鏡を使った天体観察のほか、お手軽望遠鏡作り、地元の子どもたちのポスターコンクールなどたくさんのイベントが行われる。また地元中高生の吹奏楽演奏や、近隣地域にゆかりのあるアーティストによるコンサートも楽しむことができる。

雨情の里港まつり

毎年11月の第1日曜日に大津漁港において開催される「雨情の里 港まつり」。地元農産物の即売、市内の企業の製品紹介や販売コーナー、フリーマーケット等のテントが所狭しと並ぶ。特に、地元特産品の一つである「あんこうの吊し切り」実演とあんこう鍋の販売、さんまのつかみどり、花園牛の網焼きなどには長蛇の列ができる。その他キャラクターショー、歌謡ショーなどもあり、大人も子どもも一日中楽しめる。

悪態まつり

13人が白装束で天狗の格好をし、13天狗のほこらにお供え物をして回る。この時に、参詣者が天狗に向かって悪態を吹いて、天狗に邪魔されながらお供え物を奪い合うという変わったお祭り。そのお供え物を持ち帰ると、「無病息災」・「家内安全」・「五穀豊穣」のご利益があり、悪口をもって相手を言い負かすと幸運をもたらすとも言われている。

第13回かさま新栗まつり

茨城県は、栽培面積・収穫量ともに全国1位を誇る栗の産地。その中でも笠間市は、代表的な栗の産地として知られている。笠間の特産である「栗」をテーマにした、「かさま新栗まつり」では、栗の試食・販売、お菓子の販売、栗を使ったゲームなどが催され、家族連れでも楽しめる内容盛りだくさん。旬の栗を味わって、楽しもう!

第29回鹿嶋まつり

鹿嶋市をあげてのビッグイベント「鹿嶋まつり」。今年は昨年に引き続き、「ハロウィンイベント」を開催。その他、「子どもお仕事体験!かしまちワーク」、恒例のかしまフェア(模擬店・物産展)、屋外メインステージでのダンスフェスタ、キャラクターショー、アントラーズトークショーなどが行われる。また、福祉まつり「みんなのひろば」と東京2020オリンピックPRイベントも同時開催!

第29回 ひたち秋祭り~郷土芸能大祭

全国各地から郷土芸能を伝承する団体を招き、その競演を堪能できるほか、地元日立の芸能団体、保育園・認定こども園、中学校が日頃の成果を披露する、日立市の秋の一大風物詩。10/26(17:30~19:30)全国の芸能「夢」の競演・石見神楽(島根県益田市)・西馬音内盆踊り(秋田県羽後町)・大川平荒馬(青森県今別町)・神川豊穣ばやし(埼玉県神川町)・津軽三味線の響き(茨城県水戸市)

石岡のおまつり(常陸國總社宮例大祭)

関東三大祭のひとつとも言われる常陸國總社宮の例大祭。格式高い大神輿をはじめとした絢爛豪華な山車や勇壮な幌獅子が40台以上市内を巡行する。なかでも中日に行われる幌獅子大行列と山車大行列は迫力満点。おまつり期間中は毎年約40万人の人出で賑わう。

大麻神社大例祭

大麻神社の祭礼を盛り上げているものは、麻生の五地区より繰り出される人形を飾る佐原型の山車。玄関は大吉備津彦命、蒲縄は菅原道真、下淵は倭武尊の父である景行天皇、田町は経津主命、そして本城が武甕槌命の姿を飾っている。山車曳きに行われるお囃子や手踊りも、江戸時代の佐原の豪商たちが勧めた江戸優りの祭りの影響を色濃く残しているもので五地区の若連が競う総踊りでは雅な躍動する手踊りを見ることができる。

第112回 笠間の菊まつり

古くから開催される菊の祭典。メイン会場となる笠間稲荷神社をはじめ、市内各所に約1万鉢の菊が咲き誇る。「菊人形展」では、その年の大河ドラマをテーマとして、名場面を華やかな菊人形たちで再現。