メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「佐賀県武雄市」のイベント一覧

ボサノヴァ ライブ(京都屋)

ヴォーカル中田まどか、フルート滝沢ミナコ、ギター小畑和彦、パーカッション中村美紀子によるアコースティックライブ。ブラジルの珠玉の名曲を中心に届ける。家族で、子ども連れで、ライブと温泉と一緒に楽しもう。

武雄の荒踊奉納「高瀬の荒踊」

荒踊は旧武雄領内にのみに伝承されてきた民俗芸能で、往古は足軽の踊りともいわれている。素朴で力強く武道の型を思わせる。荒踊奉納後、一時休憩がありその後、個人踊が奉納される。※武雄の荒踊「高瀬の荒踊」は例年9/23に開催されるが、今年例外で9/22開催

武雄の荒踊奉納「宇土手の荒踊」

宇土手地区・中野地区・高瀬地区の3地区が国重要無形民俗文化財に指定されている。毎年秋の彼岸に神社境内において、宇土手荒踊保存会により、五穀豊穣・家内安全・村中和平の願をこめて奉納される。

袴野面浮立

毎年秋の彼岸に社前で奉納される袴野面浮立は五穀豊穣・家内安全・村中和平を祈念している。明治39年塩田町大草野から指導者を招き習得し、風願成就として奉納されている。曲目は9曲あり、平成4年に武雄市重要無形民俗文化財に指定された。

武雄の荒踊奉納「中野の荒踊」

荒踊は旧武雄領内にのみ伝わる伝承芸能で、中野・宇土手・高瀬の三地区が国重要無形民俗文化財に指定されている。中野の荒踊の特徴は、優美で手の振りに特色があり、差踊が終わると一礼をして退場する。芸能の古型を残していると考えられる。

三間坂の浮立

毎年秋の彼岸に社前で奉納される浮立は五穀豊穣・家内安全・村中和平を祈念している。三間坂の荒踊は、武雄の荒踊と同様の踊り手・囃子方で構成される。毎年の鎮守権現神社の秋祭り(彼岸籠=ひがんごもり)に各種浮立のあと、最後の演目として奉納される。

宮野の浮立

宮野浮立保存会により浮立が奉納される。黒髪山の大蛇退治伝説をテーマに面白おかしくみせる宮野浮立の「蛇浮立」という演目が見もの。

Viento(ビエント)風の物語

“ビエント”は、アンデスの自然に似た阿蘇を活動の拠点に定めた吉川万里と、熊本の自然をテーマに音楽活動をしてきた竹口美紀によるデュオ。アンデスの民族楽器とシンセサイザーが織りなす、この2人にしか表現できない独自のサウンドを楽しもう。 ※未就学児童の入場不可

志久七囃子浮立

志久七囃子浮立は三笠鉾七囃子浮立ともいい、町内に残る十三塚の悲劇伝説とも関係深く、嘉禎元年(1235)に創建されたという稲主神社に毎年奉納されてきたもの。演目が7曲あることから七囃子浮立とよばれている。演者は主に子どもたち。華やかな衣装を身にまとった子どもたちの演舞は大変可愛らしい。

もっと見る