メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「奈良県」のイベント一覧

大安寺 光仁会

桓武天皇が文武百官を伴い、先帝光仁天皇の一周忌の齋会を大安寺で営まれたという『続日本紀』の故事により、毎年1月23日に行われる「光仁会」。この法会は風雅な青竹づくしの祭儀で光仁天皇ゆかりの「笹酒」の接待が行われ、「がん封じの笹酒」として、広く知られている。この日はがん封じの御祈祷と、笹酒の薬効が相俟って、御利益あらたかであり、遠近からの参詣者で境内はあふれる。古都奈良の新春の風物詩。

若草山焼き

奈良市内を見下ろす標高342mmの若草山に火をつけ、山全体を燃やす早春を告げる奈良の一大行事。これは春日大社、東大寺、興福寺の神仏が習合し、先人の鎮魂と慰霊、さらには奈良全体の防災と世界の人々との平安を祈るもの。約600発もの打ち上げ花火の合図の後、33ヘクタールの草地に一斉に火がつけられる。その燃え盛る炎は、奈良の冬の澄んだ夜空を赤く染め、山全体が浮かび上がる姿は壮観。

万葉古代学講座 第82回  天武天皇はなぜ富本銭を作ったか?-飛鳥池工房遺跡×日本書紀×万葉集-

奈良県立万葉文化館では、最新の研究成果をわかりやすく紹介し、万葉古代学の推進と普及をはかるため、万葉古代学講座を毎年開催している。同館の研究員が取り組んでいる問題について話す。演題は「天武天皇はなぜ富本銭を作ったか?-飛鳥池工房遺跡×日本書紀×万葉集-」、講師は吉原啓(奈良県立万葉文化館主任研究員)。定員150名(先着順)。

万葉癒やし空間29~万文コンサート~ 冬のひととき、春を感じて

奈良フィルハーモーニー管弦楽団によるコンサートを楽しもう。演奏者は、ピアノ:山中麻有里、フルート:濱井訓子、パーカーション:小川悟史。 ※申込不要・先着250名

第7回 笑福亭生喬一門会

奈良出身の笑福亭生寿が師匠の笑福亭生喬と競演! 笑福亭生喬「帯久」、笑福亭生寿「質屋芝居」「くっしゃみ講釈」。全席自由、未就学児入場不可。 主催:(一財)奈良市総合財団奈良市ならまちセンター 共催:ならまち落語館

第30回記念 香芝寄席「ふたかみ亭」

香芝出身の鉄瓶さんを中心とした「ふたかみ亭」も、この度、めでたく30回。それを記念して今回は特に実力派を揃え、会場も大きな市民ホールで実施! 新春初笑いを楽しもう!

万葉古代学講座 第83回 「万葉集」の恋歌の世界-万葉びとの歌の技-

奈良県立万葉文化館では、最新の研究成果をわかりやすく紹介し、万葉古代学の推進と普及をはかるため、万葉古代学講座を毎年開催している。同館の研究員が取り組んでいる問題について話す。演題は「『万葉集』の恋歌の世界-万葉びとの歌の技-」、講師は大谷歩(奈良県立万葉文化館主任研究員)。 定員150名(先着順)。

山添村のおばさんから教わる“こんにゃく作り”と“こんにゃく創作ランチ”

野菜の産直市「布目まごころ市」の気さくなおばさんからコンニャク作りを教わる。奈良県山添村で育てたコンニャク芋を使い、昔ながらの製法、木灰を使い固める。基本のコンニャクに加えて、柚子などのいろいろな味のコンニャクも作ってみよう。作ったコンニャクは持ち帰り可能。お昼ごはんには、こんにゃくを使った創作ランチを堪能できる。家族や友達と一緒に参加しよう。 持ち物:エプロン、バンダナ、手拭きタオル

大和神社 節分祭

毎年、節分(2月3日)に節分行事「鬼やらい神事」を斎行しており、午後7時に、拝殿にて古式に則り行われる。「赤鬼、青鬼を矛を持った天狗が追い払う。」鬼すなわち悪神を追い払い諸人の不幸を除いて、人々の幸福と平和な生活を願う行事。その後、参拝者には豆まき(空くじ無しの豆)を行うので参加してみては。

もっと見る