メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「福井県今立郡池田町」のイベント一覧

薪割り&たき火体験

“山の暮らし”で思い浮かべるものの一つに「薪」がある。実際に斧を使って薪を割り、山の生活を体験するプログラム。薪割りの後はたき火を囲んでおやつを食べる。木に触れ、火を囲むことで「薪の暖かさ」を実感することができる。動きやすい服装・運動靴で参加を。 ※雨天中止、中止の場合、前日の17時までに連絡あり(2日前までに要予約)

いけだむら写んぽ

池田町出身で、池田町のパンフレット編集やSNSの発信を手掛けている“ともちゃん”と一緒に、カメラを片手に紅葉時期の池田町を散策しよう。観光地ではない、田舎ならではの光景を楽しめる。散策後は出張カフェのオーナーのお家で、旬の食材を使ったランチビュッフェを味わおう。※事前予約

IKEDA森フェス2019

「森をフィールドにした遊ぶ・つくる・食べるを通して大人から子供まで知的好奇心を刺激する」をコンセプトに開催されるIKEDA森フェス。テーマは「炎」。焚き火、薪割り体験、クラフト体験、ヨガ、音楽会、池田の食材を使った料理が楽しめるマルシェなど、年代を問わず楽しめるイベント。生活に欠かせないけれど意外と忘れられがちな火を見つめ直し、そこから生まれる新たな価値を発見する機会にしてみては。

つんぼり作り体験

冬になると雪に覆われる池田町では、収穫した野菜に藁をかぶせる「つんぼり」という保存方法が親しまれてきた。つんぼり作りを体験して、雪国ならではの知恵と工夫を感じてみてはいかが? 体験後は、池田町産のコシヒカリとおこもじ(お漬物)を食べることができる。 ※小雨決行・雨天中止(中止の場合は前日の17時までに連絡あり) 汚れてもいい服装で参加 定員:30人(11月22日までに要予約)

いけだ食の文化祭2019

特定の会場という形をとらず、池田町内各地の施設や加工所、田畑などで開催される「食の文化祭」。池田町のゆったりとした時間や風景、人と人とのコミュニケーションを楽しみながら、里山ならではの食文化を体験できる。10年目を迎える今年は、新しい時代・令和へ食と農業文化の価値を伝えつなげていくことをコンセプトにしている。

【紅葉・見ごろ】かずら橋周辺

全長44メートル、高さ12メートルのかずら橋は、日本有数。池田に来たら必見のスポット。踏み板の隙間は大きく、男の人でもゆっくり歩かないと渡れないほど。橋の中心から見える風景は、足羽川にかぶさるように生えた樹々が日の光に照らされて美しい。秋になると、紅葉した木々が太陽の光に照らしだされ、いっそう鮮やかになる。この橋の上で愛を誓うと永遠に幸せになれるとも言われている。周辺の自然遊歩道も併せて楽しもう!

【紅葉・見ごろ】部子山

標高1464.6m。池田町で最も高い山。山頂近くまで車で行く事ができ、そこから山頂までは徒歩約20分。ドライブしながら、ちょっと展望台まで登ってみるといった感じで行くことが出来るのが魅力の一つ。モミジやホツツジ、ブナなどにおおわれているため、紅葉の季節には、眼下に秋の絶景が広がる。空気が澄んだ日には、山頂から坂井市や敦賀半島あたりまで見渡せる。楽しいドライブ&まったり山歩きで自然を満喫してみては。

【紅葉・見ごろ】冠山

21世紀に残したい自然100選に選ばれた「冠山」。冠山林道を使えば、池田町中心部から標高約1,000mの冠峠まで1時間程でいくことができ、そこから尾根を伝って1256.6mの山頂まで2時間程。気軽に本格的な登山ができる。秋にはブナ林が紅葉し、林道からの眺めが本当に素晴らしい。もみじなどの色鮮やかな紅葉ではないが、山全体から自然の力強さを感じることができる。登山の後は「渓流温泉冠荘」の温泉がおすすめ