メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「福井県福井市」のイベント一覧

テーマ展関連行事 ギャラリートーク「朝倉長光」写し製作秘話

朝倉家の宝刀「朝倉長光」の復元に挑まれた森國清廣刀匠が、製作時の秘話や、刀絵図に描かれた「朝倉長光」の魅力・特徴について語る。参加には事前申し込みが必要、先着40名。

福井市グリフィス記念館 クリスマス装飾とイルミネーション

福井市グリフィス記念館は、明治初期に福井藩の教師として活躍した米国人ウィリアム・エリオット・グリフィス(1843-1928)がかつて住んでいた洋館をよみがえらせた施設。期間中は、洋風住宅の外観にイルミネーションが施され、館内はあたたかな雰囲気のオーナメントで彩られる。2階の部屋にはクリスマスツリーも登場。写真を撮りに訪れてみてはいかが。

初公開 犬追物図屏風と江戸絵画名品展

犬追物は疾走する犬を馬上から射る武士の競技で福井県立美術館では昨年度、その様子を描いた屏風を新たに収集した。長らく県内に秘蔵され、ほとんど公開されることのなかった17世紀初めに描かれた「犬追物図屏風」。調査の過程で発見された対の屏風とともに初公開。離れ離れになっていた屏風が世紀を越えた奇跡の再会を果たす。あわせて岩佐又兵衛、葛飾北斎などを中心とする江戸絵画の名品も観覧しよう。

令和2年度テーマ展「よみがえる幻の宝刀 朝倉長光~朝倉氏の清水寺信仰~」

京都清水寺を篤く信仰した朝倉氏が、清水寺本尊の千手観音の加護を得られるよう願いを込めた刀剣「朝倉長光」。朝倉氏滅亡後、時の権力者の手をへるうちに失われてしまった幻の宝刀だ。しかし、奇跡的に刀剣の形状や刃文が詳細に写された刀絵図が残されていたため、これをもとに復元を試み、森國清廣刀匠によって「朝倉長光」が現代によみがえった。今展では、「朝倉長光」写しの初公開とともに、一乗谷の刀剣について紹介する。

企画展「福を呼ぶ茶道具」

茶道具にはおめでたい縁起のいい文様がいっぱい。日本では古くから着物や工芸品に様々な願いを込めて文様を描いてきた。茶の湯では、特別な節目やお祝いの席で茶を点てることも多く、そのような場で使われる茶道具には縁起のいい吉祥文様が数多くみられる。新型コロナウイルスに負けない「邪気払い」、恋人がほしい「縁結び」、試験に合格したい「学業成就」など、館の茶道具たちがあなたの願いを叶えてくれるはず。

令和2年度 第4回特別公開展 重要文化財は語る 城下町をまもる

「重要文化財は語る」をテーマに、一乗谷の谷幅が最も狭まる2箇所に設けられた城下町防衛の要である上・下城戸跡の発掘調査の成果を紹介。上城戸外濠跡から見つかった朝倉重臣「詫美氏」の名前が書かれた木簡や、下城戸外濠にまとまって廃棄されたカワラケ、下城戸近くの町屋地区から並んで出土した越前焼大甕、井戸内から見つかった越前焼壺や釣瓶など、重要文化財の優品を一堂に展示する。

企画展「花に寄せて」

幕末福井の歌人・橘曙覧(あけみ)の庭には、四季折々の花が植えられ、特に春や秋には美しく咲いた。そして、満開に咲きほこる花の姿を眺めることができたとき、曙覧はこの上ない喜びを感じていた。今展では、詠んだ花の歌に注目するとともに、関連のエピソードを紹介。花に関する館蔵資料も展示される。曙覧の花の世界を楽しんでみてはいかが?