メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「石川県」のイベント一覧

蛇の目神事

気多の御祭神大国主命(オオクニヌシノミコト)が邑知潟(オウチガタ)に住む大蛇を退治し地方の平定に尽くされたという故事に因み開催される。歩射(ブシャ)により蛇の目を弓、槍、太刀で仕留める古式豊かな神事。的紙は厄除けとして珍重される。

朗読で綴る文学の世界 第一弾! 竹久夢二作「春坊」他<中止となりました>

<中止となりました> 文学作品の朗読会。上演演目は、濱口國男作「私をつれて歩いて下さい」(朗読 金子益子)/重松清作「また次の春へ」より「トン汁」抄(朗読 本田茂代)/徳田秋聲作「絶望」(朗読 池川光子)/竹久夢二作「春坊」(朗読 荒川則子)/泉鏡花作「薺-なずな-」(朗読 山口範子)/尾崎紅葉作・小栗風葉脚色「金色夜叉」(朗読 田村紀子)。朗読で綴る文学の世界をお楽しみに。

朗読で綴る文学の世界 第二弾! 瀬戸内寂聴作「求愛」他<中止となりました>

<中止となりました> 文学作品の朗読会。上演演目は、瀬戸内寂聴作「求愛」「夜の電話」(朗読 中島佳代)/向田邦子作「父の詫び状」より「隣の神様」(朗読 百川とし子)/太宰治作「葉桜と魔笛」(朗読 池上伴湖)/加能作次郎作「一滴の涙」(朗読 川坂悦子)/泉鏡花作「湯島の境内」(朗読 五十川千枝子)。会場へ足を運び、文学の世界へ浸ろう。

J2リーグ ツエーゲン金沢vs栃木SC<中止となりました>

ツエーゲン金沢は、昨季ホームでの成績は7勝3敗11分と終盤に失点をする悔しい引き分けも多く見られた。栃木SCとのリーグ通算戦績も、1勝5分と勝ちきれない試合が多い。しかし栃木SCは、ツエーゲン金沢がJ2昇格2年目21位となり、「J2・J3入れ替え戦」で対峙し、苦しみながらも勝ち切った相手。2019年を終盤の劇的な粘りで残留を決めた栃木SCを、西部緑地で迎え撃つ! ※延期となりました

かほく四季まつり~桜まつり~<中止となりました>

<中止となりました> 「かほく四季まつり」の春編は、桜の開花時期に合わせて開催される「桜まつり」。桜並木が続く通りが歩行者天国となり、舞台では、郷土芸能などが披露されるステージイベントなどが行われ、路上ではYOSAKOIソーランなど楽しい催しが満載。露店も立ち並ぶ会場周辺は大いに賑わう。

朗読で綴る文学の世界 第三弾! 村上春樹作「ふしぎな図書館」他<中止となりました>

<中止となりました> 文学作品の朗読会。上演演目は、唯川恵作「七つ橋わたり」(朗読 松原美知子)/藤沢周平作「明烏」(朗読 二山秀子)/谷崎潤一郎作「刺青」(朗読 池本玲子)/江戸川乱歩作「妻に失恋した男」(朗読 伊藤宏美)/村上春樹作「ふしぎな図書館」抄(朗読 鈴木朋子)。朗読により各作品の物語の世界へ誘う。

朗読で綴る文学の世界 第四弾! 落語「抜け雀」他<中止となりました>

<中止となりました> 文学作品の朗読会。上演演目は、田辺聖子作「今昔物語絵双紙」より「生霊の女」(朗読 吉谷登志子)/山田順子作「おえんと了念」(朗読 川畑圭子)/泉鏡花作「義血侠血」より「滝の白糸~月夜の天神橋~」(朗読 浅井悦子)/半村良作「能登怪異譚」より「縺れ糸」(朗読 木本伸子)/落語「抜け雀」創元社刊「米朝落語全集 増補改訂版」所収(朗読 浄願寺曼)。観客を文学の世界へ誘う。

J2リーグ ツエーゲン金沢vsジュビロ磐田<中止となりました>

ツエーゲン金沢がJ2初年度の2015年に対戦した際には、ホーム・アウェイともに完敗したジュビロ磐田。廣井、作田、金子以外はメンバーが入れ替わり、この5年間で成績を上げてきたツエーゲン金沢としては、今後J1を目指す上で現在地を確認する絶好の相手。ツエーゲン金沢の柳下監督は、ジュビロ磐田を率いて2003年天皇杯、さらに2010年ヤマザキナビスコカップを優勝した実績あり。 ※延期となりました

朗読で綴る文学の世界 第五弾! 川端康成作「雪国」他<中止となりました>

<中止となりました> 文学作品の朗読会。上演演目は、昔語り「鹿島の綱引き」(朗読 坂本萌)/宮部みゆき作「堪忍箱」より「お墓の下まで」抄(朗読 菊地延嘉)/森鴎外作「高瀬舟」(朗読 坂下糸美)/川端康成作「雪国」抄(朗読 菱田陽子)/江戸川乱歩作「ひとでなしの恋」抄(朗読 鎌田千代子・林千賀子)。あの名作を朗読で楽しめる機会。

もっと見る