メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「女性向け 奈良県」のイベント一覧

特別展「万葉の起憶-偉人たちがしたためた万葉歌碑原書を中心に-」関連講演会

特別展「万葉の起憶-偉人たちがしたためた万葉歌碑原書を中心に-」の関連講演会。要事前申込。講師は坂本 信幸氏(高岡市万葉歴史館館長)。演題は「万葉歌の始原」。定員は100名(応募者多数の場合抽選)。申込方法は往復はがきにて(1枚につき1名)、奈良県立万葉文化館 企画普及課(学芸)まで。締切は令和3年1月10日(日)必着。

節分銭ぶつけ厄払い法要

金閣浮御堂で、秘佛の方位守護神「十二天軸」のうち、当年の恵方に当たる方位の守護神が公開され、厄除法要が行われる。厄除祈願(有料、当日受付)を受けると、方位守護神に自分の年齢と同数の一円玉(寺で用意)を投げ、厄除けをすることができる。

節分万燈籠

春日大社の境内3000基にも及ぶ燈籠は、800年前の昔から今に至るまで、藤原氏をはじめ一般国民から奉納されたもので、2月の節分と8月14・15日両日の夜、これら全てに火が入れられる。石燈籠が整然と並ぶ二の鳥居から神苑付近、そして釣燈籠が行儀よく並ぶ朱塗の回廊などは、王朝絵巻を見るよう。 ※今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のために非公開にて斎行

おんだ祭<中止となりました>

子孫繁栄・五穀豊穣を祈る古来からの伝統行事。正しくは「御田植神事」という。お祭りに先立ち、午前10時頃より、地元青年団が扮する天狗・翁・牛らが厄払いの神事として、ササラ(竹の先を細かく裂いた棒)を持ち、参拝者のお尻を叩きながら、境内を暴れまわる。第1部では、天狗・翁・牛が昔からの道具を使って田を耕し種をまくなどの田植えの式が行われる。第2部で行われる天狗とお多福が演ずる夫婦和合の所作は笑いを誘う。

大和神社 御田植祭

地元小・中学生9名にて拝殿前庭を田んぼと見立て、昔ながらの鋤入れから田植えまでの稲作過程を擬似的に演ずる農耕儀礼をおこなう例祭。松苗を稲に見立てて田植行事を順次くり広げる。早乙女の田植所作に合わせて「田植歌」を歌う。今年は、コロナウイルス対策のため、地元小・中学生による所作は中止。

第4回 まほろばプロムナードコンサート 千住真理子の「四季」

「将来の文化芸術を担っていく若者をはじめ、あらゆる世代の県民が気軽に良質な芸術に触れる機会を提供すること」をコンセプトに、今回で第4回目を迎える「まほろばプロムナードコンサート」。今回は、千住真理子&N響のメンバーによるアンサンブルでひとときの安らぎを届ける。

特別陳列「お水取り」関連イベント 「講話」と「現地解説」の会

奈良国立博物館研究員の解説及び展示会場の自由観覧、そして東大寺佐保山録事の講話と現地解説のイベント。毎年、人気のイベントなので抽選となる。申込締切は2月18日(木)まで。抽選の結果は2月25日(木)までに連絡。

名勝依水園 お茶室見学会

依水園では毎年2月に茶室を含む園内建物を公開している。明治時代に作られた清秀庵や氷心亭の内部をわかりやすく案内してもらえる。国の名勝に指定された庭園では、敷松葉や菰巻きが施された、冬ならではの風情を楽しもう。見学会参加者は、2/10(水)より公開される依水園ゆかりのひな人形を先行見学できる。 ※電話にて要予約。1回の定員は4名まで。

働く女性トークサロン 育休ママと考える「わたしらしく働きつづけよう」

復職する前の“もやもや”した不安はないだろうか。少しの時間“子育て”から離れ、大切な子どもの成長や夫婦の役割シェア、両立のコツ、働き方についてなど、働くママ同士一緒に話してみよう。講師は、働く女性支援相談員。対象は、育児休業・産前産後休業中の人(取得予定含む)、育児休業・産前産後休業から復帰した人(パートナーの参加も可)。申込は、奈良県女性センターHP参照。

もっと見る