メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「女性向け 東京都調布市」のイベント一覧

上妻宏光コンサートー和心伝心-其ノ五

“伝統と革新”新世代三味線の第一人者の上妻宏光。アスタナ万博のプロデュース公演を経て、EDMに挑戦する等その進化は留まることを知らない。日本伝統文化を牽引し進化する賢者達の姿と、継承して来た精神を新日本様式で表現するスペシャルな公演! 2012年の初公演より節目を迎える“和心伝心”。“和のエンターテインメント”の新たな息吹を体感して欲しい。豪華ゲストに加えスペシャルなサポート陣にも注目!

風のように〜いのちの森の音楽会〜ピアノとテキスタイルアート

アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ、タイなど国内外で活躍する自然派ピアニスト・重松壮一郎のコンサート。森の樹々や、さしこむ光、吹き抜ける風、鳥の歌声に溶け込み、やさしく共生する重松壮一郎のピアノと、テキスタイル作家・椎原由紀子の布のオブジェがコラボレーション。夢のように幻想的な世界が森と調和する。都内とは思えない自然豊かな空間「オープンガーデン・森のテラス」で紡がれる特別なひととき。

フレッシュ名曲コンサート ベルリオーズ没後150年記念「幻想」

新進気鋭の演奏家が出演しクラシックの名曲を身近なホールで楽しむシリーズ「フレッシュ名曲コンサート」。国内外の多くのコンクール受賞歴を誇る注目度No.1の若手ピアニスト尾崎未空が奏でる華麗なピアノ演奏と、円光寺雅彦指揮による新日本フィルハーモニー交響楽団との重厚なハーモニーをお楽しみに。 曲目:ベルリオーズ「序曲“ローマの謝肉祭”」、ラヴェル「ピアノ協奏曲」、ベルリオーズ「幻想交響曲」

100万人のクラシックライブ in 調布パルコ

演奏家による解説付きで、普段クラシックに馴染みのない人も気軽に聴ける約1時間のミニコンサート。演奏家の息遣いが伝わるほどの至近距離で、耳だけでなく「全身で」音楽を聴く。そこに集う人達と感動を分かち合うゆるやかなひと時が、日常の慌しさから開放してくれる。出入り自由、赤ちゃんの同伴も可能。

小さなお子様もご一緒に モーニングピアノコンサート クリスマス

子どもと一緒に、もちろん大人だけでも、グランドピアノの音色に包まれながら、いつもと違う朝を過ごしてみてはいかが。予約不要なので、気軽にふらっと立ち寄れる。出入り自由、動いても泣いてもぐずっても歌ってもOK。今回のテーマは「クリスマス」。きらきら星変奏曲(モーツァルト)、ノクターンOp.9-2(ショパン)、『くるみ割り人形』より(チャイコフスキー)を届ける。子どもが集中できる30分程のコンサート。

松尾 由美 ガラス(パート・ド・ヴェール)展 -カカオに魅せられて-

ガラス作家・松尾由美さんによる個展。チョコレート用小皿やカカオに関する作品、また、うつわ、オブジェ、壁面作品、小物、グラス、花器等が並ぶ。松尾さんはガラス制作の合間にエネルギー源として板チョコレートを食べた際、ビーントゥバーのカカオの風味に感動。制作工程が知りたくなり、カカオ農園にまで見に行った。そこでさらにカカオの実の色や形に惹かれ、それらの体験をもとに、今回の作品制作に至ったという。

冬から新春への暮らしと装い

木や布のぬくもりと優しい灯り。つかいこむほど馴染むバッグ。家での時間、料理や食事、お出かけ。日々の暮らしを愉しくする心地の良いモノたちが並ぶ。 参加作家と出品作品:am鈴木厚司(帆布バッグ)・鈴木美紀(テキスタイル)…エプロン・ランチョンマット・コースターなど布小物、遠藤マサヒロ(木工)…ランプシェード・うつわ・ケーキスタンド・蓋物・トレイなど、田屋道子(陶磁器)…食器と植物を楽しむための器

【紅葉・見ごろ】実篤公園

商店街から一筋入っただけなのに、公園の中は深山の趣。公園入口の坂を下りて行くと、実篤邸の周りに紅葉が広がり、よく晴れた日にはその向こうに富士山が見えることも。また実篤邸横のトンネルから頭上を見上げると視界一杯の錦繍。大小2つある池の水面に紅葉が映え、特に上の池は四阿の屋根にモミジの枝がさしかかり、撮影ポイントとしてもおすすめ。身近に紅葉を楽しめる穴場スポット。

秋の特別展「長與善郎と実篤」

長與善郎は実篤の学習院の後輩で、彼の作品を読んだ実篤が強く進めて、同人雑誌「白樺」に作品を発表した。翌年から本格的に執筆に入り、「青銅の基督」「わが心の遍歴」などの代表作が生まれている。また、書画も多く残しており、才能を発揮している。特別展では、新たに確認された資料を含め、原稿や、書画、愛蔵美術品など多彩な資料で長與善郎の生涯を紹介し、書簡や日記などから実篤との親交を読み解く。