メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「女性向け 東京都港区」のイベント一覧

秋元紀子 ひとり語り 〜角田光代の世界〜

秋元紀子が恒例の「ひとり語り~角田光代の世界~」公演を開催。角田光代作品2作品を、高屋敷庄一のピアノと共に朗読する。今回は50名限定の南青山MANDALAでの公演とともに、初めて配信ライブも開設。口紅にまつわる物語で、1人の女性の人生を描く物語。好評の「口紅のとき」と、女性グループの友情を、一人称で描く新作「ヴェール」をお届け。透明な声で織りなす豊かな時間をお楽しみに。

外山啓介 オール・ベートーヴェン ピアノ・リサイタル<中止となりました>

<中止となりました> アニバーサリー・イヤーに捧げる、待望のベートーヴェン! 三大ソナタ「悲愴」「月光」「熱情」と、明朗かつ深遠な葬送」誰もが知る名曲と愛すべき隠れた傑作を、曇りのない真摯な音色で贈る渾身のオール・ベートーヴェン・プログラム。プログラムは、ベートーヴェン作曲:ピアノ・ソナタ第12番「葬送」/ピアノ・ソナタ第14番「月光」/ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」/ピアノ・ソナタ第23番「熱情」

及川浩治ピアノ・リサイタル 「名曲の花束」

ベートーヴェン生誕250周年を記念し、「交響曲 第5番」をリストによるピアノ・ソロ編曲版で披露。曲目は、バッハ:主よ、人の望みの喜びよ(ヘス編)/バッハ:シャコンヌ ニ短調 BWV1004より(ブゾーニ編)/ショパン:前奏曲 第15番 変ニ長調 「雨だれ」/エルガー:愛のあいさつ/リスト:愛の夢 第3番/リスト:メフィスト・ワルツ 第1番/ベートーヴェン:交響曲 第5番ハ短調「運命」(リスト編)。

令和3年 春の講座「禅といま」

「禅を通して、今をどう生きるかを考える」がテーマの講座。第1部は、臨済宗円覚寺派管長の横田南嶺老師による講演と、禅の指導者として定評ある曹洞宗の藤田一照老師との対談。第2部は、藤田老師の指導による「いす坐禅」の体験。足を組む坐禅を元に、いすに腰掛けたまま行う。坐禅未経験者、足の組めない人でも行うことができる緩やかな坐禅だ。事前申込280名先着。

琉球交響楽団「はじめての東京公演」大友直人指揮 琉球交響楽団 ピアノ:辻井伸行

沖縄初のプロフェッショナル・オーケストラ「琉球交響楽団」。創立20周年を記念し、初の東京公演が実現! ピアニストに辻井伸行を迎え、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏。また、辻井が琉球交響楽団のために書き下ろした「沖縄の風」を世界初披露! 出演:大友直人指揮、琉球交響楽団 ピアノ:辻井伸行 ※曲目・曲順等は変更の場合あり/チケットは1人2枚迄/未就学児入場不可 ※再延期となりました

ヴァシリー・ペトレンコ指揮ロイヤル・リヴァプール・フィル ピアノ:辻井伸行 東京<中止となりました>

<中止となりました> 世界中が息をのむ辻井伸行ならではの最上級のラフマニノフ! 世界最高の栄誉に輝く指揮者&オーケストラならではの圧倒的な表現力が異次元の感動を生む。英「グラモフォン・アワード」2017年度アーティスト・オブ・ザ・イヤー受賞。クラシック界のアカデミー賞「グラモフォン・アワード」受賞。世界が最も注目する黄金コンビ“ヴァシリー・ペトレンコ&ロイヤル・リヴァプール・フィル”絶頂期の来日!

オペラ「末摘花」

たった一度の逢瀬を頼りに、源氏の君を一途に想う姫・末摘花。その生活は年々苦しくなり、荒れ果てた屋敷からは侍女が次々と逃げ出す始末。それでも源氏の再訪を信じ待ち続ける姫と屋敷に残った女たち。それぞれの思惑が交錯し、女たちは火花を散らす。果たして姫の想いは届くのか。彼女たちの運命は…?「源氏物語」女たちだけのアナザーストーリー。2020年、作曲者・寺嶋陸也のピアノ演奏による待望の公演!

だらだら祭り

だらだら祭りは、芝大神宮で行われる秋の例祭。生姜奉納が行われることから、生姜祭りとも言われる。16日(水)例大祭祭儀。2020年は神輿渡御は実施しない。

花井 達 写真展「祝!結婚」

独自のユーモラスな視点で「結婚式」を捉えた花井 達氏による写真展が開催される。新郎新婦以外に目を向けることで見えてくる、今までに無い新しい瞬間が人々の微笑を誘う。結婚式で改めて認識する家族の絆、参列する子どもたちの奇想天外な行動など、一切作り込みなく写したスナップショットの数々には、まるで写真の神様が舞い降りたような瞬間が捉えられている。併催イベントも開催される。詳細はホームページ参照。

もっと見る