メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「和歌山県」のイベント・スポット一覧

新着イベント情報

土生神社 例大祭

例年10月の第3日曜日に開催されるおまつり。全国的にも珍しい双頭獅子が、笛や太鼓の楽曲なしで雌雄の鬼の持つ矛と簓の発する気配のみで踊る「双頭の踊り獅子」があり、県無形民俗文化財に選定されている。

顯國神社例祭 秋祭り

平安朝から1200年続く湯浅顯國神社「大宮さん」の秋祭り。正午から神前式が執り行われ、境内では多くの露天商で子供達が賑わう。13時30分から25基の奉納神輿の渡御が始まる。三面獅子舞(県指定無形文化財)や武者行列や馬、熊野古道のお渡りを再現したものも多く見られ、たくさんの人々で賑わう。

神幸祭

例祭を15日に終えて、最初の日曜日に神輿渡御が斎行される。正午に神社を出発し、3km北の奥宮(丹生神社)に行き、帰りは四季の郷公園経由で戻る。神輿3基、女性が曳く花車、子供神輿、稚児行列と総勢300人程の渡御になる。

特別展 シンポジウム1「紀伊の横穴式石室と古墳時代後期の社会」

秋期特別展「開かれた棺-紀伊の横穴式石室と黄泉の世界-」に関するシンポジウムが開催。タイトルは、「紀伊の横穴式石室と古墳時代後期の社会」。講演・報告:太田宏明氏(河内長野市教育委員会)/蔵冨士寛氏(福岡市)/寺前直人氏(駒沢大学)/萩野谷正宏(紀伊風土記の丘学芸員)。対象:小学生以上、定員:60名。 ※9月27日13時~受付

鹿島神社の秋祭り

毎年10月の第3日曜日に行われる鹿島神社の秋祭り。秋空の下、「埴田の神輿」、獅子舞、町無形文化財に指定されている「南道の奴行列」(3年に1度)や「芝崎のふとん太鼓」(随時参加)などが祭礼に参加し、大勢の見学人たちを楽しませる。今年は、新年号「令和」を祝して、南道の奴行列と芝崎のふとん太鼓も参加予定である。

青洲まつり2019

母と妻の献身的な協力の下、麻酔薬「通仙散」を完成させ、世界で初めて全身麻酔による乳癌摘出手術に成功した、医聖華岡青洲。青洲まつりは彼の偉業を称え、後世に継承していくとともに、さらなる紀の川市の発展を目指し、地域の魅力と潜在力を引き出していくまつりとして開催されている。江戸時代後期の嫁入りの風景を再現した「青洲時代行列」(名手公民館~青洲の里)やステージイベント(青洲の里)などが予定されている。

ごぼう商工祭2019

ごぼう商工祭2019が、今年も小竹八幡神社を中心とした寺内町で開催される。サブタイトルは、御坊弁で『御坊 あがら 大食堂 うまいもんい~~~~っぱい集めました』。 小竹神社前が歩行者天国となり、地元御坊のグルメが出店する「御坊あがら大食堂」をはじめ、メインステージ周辺では、マグロの解体ショー・ファミリーマートのほか、紀の国トレイナート等が楽しめる。今年もいろんなイベントに参加しよう!

長唄・三味線の音色で江戸情緒を楽しみましょう

旧中筋家住宅は、江戸時代後期の大庄屋の屋敷で、国の重要文化財に指定されている。今回は、主屋の大広間にて長唄・三味線の演奏会(杵屋栄七珠先生)を開催。涼風さわやかな初秋の昼下がり、歴史ある古民家の大広間で、日本の伝統芸能を楽しもう。

イベント情報をもっと見る

スポット情報

アイランドストリーム

美しい自然をダイレクトに感じることができるシーカヤック&アウトドアサービスを展開する。シーカヤックの舞台は紀伊半島西岸の湯浅湾。事前講習があるので未経験者でもたっぷり楽しめる。

アイリスパークオートキャンプ場

温泉があるキャンプ場。サイトはすべてフリーで、車の乗り入れも可能。環境にも恵まれ、誰でも気軽に自然とふれあうことができる。

アウトドアクラブ アイスマン

瀬を歩き、岩を登り、滝から滝つぼへダイブする。エキサイティングなキャニオニングは清流の美しさを全身を使って体感できる、川遊びの王様だ。

あおい茶寮

和歌山城内の南に位置する老舗料亭。名物の紀州料理は、紀州の素材をシンプルに調理したこの店独自のもので、新鮮な魚料理が魅力だ。情緒豊かな庭園に囲まれ優雅なひとときを味わえる。ランチは「揚げ物定食」や「お作り定食」などがあり、1000円からと納得の値段。

茜千畳茶屋

千畳敷の駐車場横にある。店内には海を見晴らす休憩スポットや和歌山みやげも置いている。2階には「海鮮家千畳」がある。

秋津野直売所「きてら」

店名の「きてら」は和歌山田辺地方の方言で「来てください」の意味。地元のミカンや南高梅などを使ったオリジナル商品など、さまざまな地域産物が並んだ直売所だ。

安居の渡し

富田坂を越えた大辺路は日置川に差し掛かる。安居の渡しは短い距離だが、水中を泳ぐ魚もはっきりと見えるほど澄んだ清流を眺めながら渡ることができる。

味三昧 田辺本店

自家製のタレで煮込み、その後紀州備長炭で炙り焼きにした鶏をふんだんに使った田辺の新名物弁当。JR紀伊田辺駅、白浜駅でも販売。

スポット情報をもっと見る