メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「富山県」のイベント・スポット一覧

新着イベント情報

黒部おもちゃ病院「ピノキオ」in上市(12月)

「黒部おもちゃ病院ピノキオ」が上市町「カミール」で開院する。大切なおもちゃで壊れてしまったものを無料で修理するボランティア活動である。部品交換については一部有償となる場合もあるが、その時は事前に相談。重傷の場合は入院手続きをする場合もある。

おもちゃ病院(氷見市)(12月)

使えないと思っていたオモチャが蘇るかもしれない。壊れたおもちゃを無償で修理してもらえる「おもちゃ病院」を利用しよう。

わくわくメルヘンランド「クリスマスパーティー」

御旅屋セリオにてわくわくメルヘンランド「クリスマスパーティー」を開催。ミニクリスマスケーキ作りやサンドグラス作りといったワークショップやサンタさんのプレゼント企画など子どもが喜ぶイベントが満載! ワークショップは事前申込みが必要。

環水公園スイートクリスマス2019

クリスマスムードを一層高めるイベントを富岩運河環水公園で開催。メインとなる「環水ミュージック花火inクリスマス」では、最新曲から定番クリスマスソングまで、この季節にぴったりの音楽に合わせて、花火約1,600発が打ちあがり、園内のイルミネーションとともに水辺空間を美しく彩る。また、クリスマススペシャルライブが行われるほか、人気の移動販売車も大集合する。

福野歳の大市

慶安3年の町立てから現在まで続く福野地域の「朝市」。2と7のつく日には市が開かれて、その年の最終の市、12月27日の歳の大市では、JR福野駅近くの交差点を中心に100余りの店が立ち並び多くの人で賑わいをみせる。市のシンボルであるうすやきねをはじめ正月用品、野菜、鮮魚、切花などの店が道路一杯に並び、終日多くの人で賑わう。素朴な人情が感じられるこの歳の大市は、福野の年末の風物詩。

コロンパス パソコン自主練習会(12月)

障がいを持つ人と健常者が一緒にパソコンの利用方法を考え習得する練習会。初心者にはマンツーマン指導もするが、基本は互いに教え合い学び合い楽しさを見つける。 ※身体に障がいを持つ人を対象とした練習会だがサポーターとしての健常者の参加もOK

おもちゃ病院 定例診療(12月)

使い捨ての時代、でも治せばまだ使える。壊れたおもちゃを修理してくれるおもちゃ病院。大切なオモチャが壊れて困っている子は一度診てもらおう。おもちゃを大切に。

魚津の朝市 新年初市

蜃気楼の見える街・魚津の台所で、旬の特産品、地場産品を一堂に展示即売! 人気の朝市定食は行列必須! 初夢抽選会、福もちぜんぜいに海の幸・山の幸、朝市定食の販売、ちびっ子への風船プレゼント、干物プレゼントなどなど、嬉しい企画が盛りだくさん(プレゼントは数量限定)。

イベント情報をもっと見る

スポット情報

青井谷温泉

北陸自動車道小杉IC近くにある一軒宿「おぐら館」に湧く鉱泉。秋の松茸狩りや鴨猟などで知られる地域でもあり、春はタケノコ、夏の川魚と、地元の天然食材のみを使う料理が好評だ。

阿尾城跡

海に突き出す断崖の城跡。大伴家持の歌に「東風が強く吹くところ」と詠まれた景勝地。16世紀中頃に阿尾城という城が築かれ、戦国武将の菊地武勝が居城したといわれる。

青山総本舗

JR富山駅の近くに店舗を構える。ほどよく引き締まった酢飯には、県産コシヒカリを使用。ひとつひとつ丁寧に手作りされた、甘酸っぱく優しい味が好評。

赤丸浅井神社

養老元(717)年鎮座と伝えられる延喜式内社。参道の両脇には樹齢400年余の市指定記念物の杉並木が続いている。

朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場

ヒスイが拾えることで有名な朝日ヒスイ海岸に隣接。温水シャワーなど場内施設が充実し、マリンスポーツも気軽に楽しめる。ペット同伴OKのペットフリーサイト、バンガロー、バス・トイレ・キッチン完備の快適なケビンまで揃う。周辺のハイキング、サイクリングなどもおすすめ。

足湯「おもかげ」

宇奈月温泉開湯80周年を記念して、宇奈月公園前広場に造られた足湯。屋根が付いており、雨天でも楽しめるのがうれしい。観光客や地元の人々の憩いの場所となっている。

東橋

係留された漁船が並ぶ内川に架けられた全国でも珍しい屋根付きの橋。長さ約20mで歩行者専用。スペインの建築家セザール・ボルテラ氏の設計により、欄干や屋根の梁、床などには松や檜を使用。

後曳橋

黒部川の支流であ黒薙川に架かる高約60m、長さ約64mの橋。峡谷で最も深い谷を渡り、黒薙駅のホームや黒薙温泉に向かう遊歩道が絶好の撮影ポイント。

スポット情報をもっと見る