メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「滋賀県」のイベント一覧

近江の春びわ湖クラシック音楽祭2019 びわ湖ホール声楽アンサンブル(東近江公演)

びわ湖ホール声楽アンサンブルが、春をお届け! びわ湖ホールで平成29(2017)年まで続いた「ラ・フォル・ジュルネびわ湖」が新たに、平成30(2018)年から沼尻竜典びわ湖ホール芸術監督プロデュースの春の音楽祭として開催。びわ湖ホールを拠点として県内全域が一体となって音楽祭を盛り上げる。 出演:びわ湖ホール声楽アンサンブル・ソロ登録メンバー、植松さやか(ピアノ)

胡宮神社 古例祭

祭儀には大祭、中祭、小祭の外、例祭は古来4月20日の巳日にあたり、現在は4月21日古例に準じ厳かに執り行われる。ご奉輩神輿舞楽揃っての渡御は華やかである。昔の一行は多賀大社まで渡御を組んだが今は略式となった。

overflow vol.90 ヴァイオリン&ピアノ

守山市民ホールで毎月開催の鑑賞無料のロビーコンサート。4月は西浦詩織(ヴァイオリン)と新居絵里奈(ピアノ)が登場。「愛の挨拶」「春の声」「スプリングソナタ」などのプログラムを届ける。鑑賞は無料。午後のひとときをヴァイオリンとピアノで楽しめる。

古例大祭(多賀祭り)

地元では「多賀祭り」と呼ばれる最もにぎやかな祭り。祭りのメインは、神輿(みこし)・鳳輦(ほうれん)・馬頭人(ばとうじん)の行列など、総勢400人と騎馬40数頭よる渡神事(わたりしんじ)。そのほか、古式ゆかしい夕日の神事が神秘的なうちに催行され、湖国の春祭り第一の名にふさわしい祭典絵巻が奉納される。

第十回出張ほたる寄席inSuwake

守山市民ホールから地元へ届ける「本物の落語会」。「笑うこと」の健康効果は抜群。身近で聴く迫力満点の生の落語でたっぷり笑って、もっと元気に! 鑑賞無料なので誰でも気軽に楽しむことができる。 出演:桂華紋、林家染八、笑福亭智丸 三味線:佐々木千華 ※未就学児童の入場は同行の保護者により周りの迷惑にならないよう配慮を

ワンコインコンサート SERIES117 春うらら ときめき音楽会へようこそ!

子どもたちが本物の音を聴く瞬間、その表情は親の宝物になる。「ワンコインコンサート」は、音楽ホール“文芸セミナリヨ”が小さな頃から本物の音楽に触れて欲しいと開催する約1時間のコンサートシリーズ。今回の公演では、ソプラノ、フルート、ピアノのトリオに注目! マスカーニのアヴェマリア、春の歌、調子のよい鍛冶屋、ディズニーメドレーなどが届けられる。乳幼児から入場可能。

桂吉弥独演会

テレビでも活躍する若手落語家、桂吉弥の独演会。出演者は桂吉弥の他、桂歌之助、桂米輝の3名。普段は見られない能楽堂の檜舞台で演じられる上方落語を堪能しよう。

海津まつり(海津力士まつり)<2019年は中止>

「力士まつり」とも呼ばれる春の例大祭。29日の午後1時には、色鮮やかな化粧まわしを着けた若者に担がれた御輿(みこし)2基が、海津天神社から海津・西浜の各町内をまわる渡御(とぎょ)が始まり、御輿が再び海津天神社に戻ってくるのは午後8時頃。夜には松明(たいまつ)による「おねり」も行われ、町内だけでなく各地からこの祭を見ようという人が大勢訪れる。 ※昨年の台風の被害の為、2019年は中止

斎神社例祭(春の大祭)

土地の人から「いつきさん」という愛称で親しまれている古社。「源氏物語」に登場する斎王一行が伊勢へむかう途中、当地に泊まったと伝えられている。南側の古い石段を上がると、阿星山、金勝寺、東寺、西寺と湖南を代表する景色が望める。当日はこども神輿や屋台などで賑わいをみせる。

もっと見る