メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

「新潟県」のイベント一覧

第5回 見附刈谷田川ハーフマラソン

澄んだ雪解け水が流れる刈谷田川と眩しい新緑に囲まれた、春の見附路を走ってみては。当日は見附市出身・新潟県第3代元気大使の今井美穂さんも応援に駆けつける。参加者全員に大会オリジナル品をプレゼント。完走者全員に完走証が発行される。エントリー締切日:2019年3月18日(月)払込票当日消印有効。※定員になり次第締切り。詳しくは「2019見附刈谷田川ハーフマラソンパンフレット」を参照。

新潟県埋蔵文化財センター講演会 第1回「佐渡の古墳を考える-蔵王遺跡の時代-」

佐渡島内の遺跡に残された、さまざまな「状況証拠」から、「蔵王遺跡」の時代の古墳に田中祐樹(新潟県埋蔵文化財センター)が迫る。この講演会は、春季企画展「佐渡の王-蔵王遺跡-」の関連講演会である。なお、情報保障(手話通訳・要約筆記)が必要な場合は、開催日の2週間前までに要連絡。定員80名。 ※申込不要(当日定員になり次第締切)

つばめ桜まつり 第77回 分水おいらん道中

大河津分水路の偉業を称え植樹された桜。その桜があまりにも見事なため訪れる観桜客のために地元の有志がはじめた仮装行列がはじまりといわれる「分水おいらん道中」。絢爛豪華な衣装に身をつつんだおいらん役が約60人もの付き人を従え、大河津分水桜並木/地蔵堂本町通りを練り歩く。

能生白山神社春季大祭

毎年4月24日に行われる大祭で奉納される舞楽は、市内に4つある国の重要無形民俗文化財の一つ。室町時代の中頃には大阪四天王寺から伝承され、舞楽が奉納されていたといわれている。稚児が主役の舞いが多く、近郷近在の人や遠来の客を神遊びの世界へと魅了する。夕日に照らされる最後の陵王の舞は圧巻。

牛の角突き(5月)

「ヨシター」という勢子の掛声が飛び交い、牛同士がぶつかり合う。迫力満点の牛の角突きは、江戸時代後期の滝沢馬琴が書いた「南総里見八犬伝」に記述があり、地域の伝統行事として長年守り継がれてきた。全国各地の闘牛とは異なり、越後の牛の角突きは原則として引き分けで終わらせる。その理由は神事であるためとも、闘牛の闘争心を保つためとも言われている。国指定重要無形民俗文化財。

第43回十日町きものまつり

十日町駅周辺の通りが歩行者天国となり、街を散策しながら様々なイベントに参加できる。きもの貸出しや着付けを行う「きものの里をきもので歩こう」(要予約)や、きものパーティ(要予約)、きもの掘り出し市、十日町きもの女王撮影会などを、また十三詣りや稚児行列などの伝統行事も行われる。

ALOHAカーニバルSpring!

長岡アロハクラブによるハワイアンミュージック等の演奏やフラダンス、タヒチアンダンスのステージショーを開催。気持ちの良い青空の下でハワイアンなひと時を。

粟ヶ岳山開き

遠くからでもよく目立つ「3つのとんがり」が目印の「粟ヶ岳」。頂上までは北五百川の登り口から約4時間ほど。毎年5月5日に山開きが行われ、ここから登山シーズンがスタート。すぐ近くには日帰り温泉施設「いい湯らてい」もあるので、登山の帰りには疲れた体を癒してみては? ※必ず各自で保険に加入のこと

第44回 艸原祭

妙高に春を告げるお祭り。元々は屋根に使う「カヤ」の野焼から始まったもの。妙高山をバックに上がる花火をいもり池越しに楽しめるほか、伝統芸能や地元料理を味わえる屋台などもある

もっと見る