メニュー
周辺スポット

季節特集一覧

エリアで絞り込む

第71回とうろう流しと大花火大会

クロマツ、アカマツの老木が見事な枝ぶりを見せる名勝「気比の松原」。三保の松原・虹の松原と並ぶ「日本三大松原」の一つで、奈良時代に一夜にしてできたという伝説があり、「一夜の松原」とも呼ばれている。その美しい海岸線は、1928(昭和3)年に国の名勝に指定。若狭湾国定公園、越前加賀海岸国定公園に含まれている。この地の恒例行事が1950(昭和25)年に始まった「とうろう流しと大花火大会」。僧侶の読経のなか、約6000個のとうろうが松原海岸に流され、水上花火やスターマインなどの花火が夜空にきらめく。

諏訪湖サマーナイト花火

「そうだ花火!見にいこう」をキャッチフレーズに、なんと1ヶ月以上連夜にわたり、音楽とシンクロした花火が約15分間打上げられる。この期間中なら「そうだ花火!」と、突然花火が見たくなっても大丈夫、華やかな花火がほぼ毎日堪能できる。湖面に専用の打上げ台が設けられ、そこから3~4号玉を中心に、スターマインなどが次々と諏訪湖の夜空を熱く焦がす。

第50回八幡浜みなと花火大会

八幡浜の港の出島前から打上げられる約4500発の花火。単発やスターマインを織り交ぜた夏の風物詩は海の男たちのように力強く、鮮やかな印象を与える。花火大会前日に催される五反田の柱祭りは、高さ20mの柱の先につけたかごに、火のついたたいまつが投げ入れられる、勇壮な祭りとして知られる。「愛媛のまつり50選」にも選ばれているこの伝統行事は約400年の歴史を誇っている。

佐賀新聞社 唐津市主催 第68回九州花火大会

佐賀新聞社と唐津市の二者が共催する花火大会。会場の西の浜海水浴場はJR唐津駅にも近く、唐津市民をはじめ県内外から多数の見物客が訪れにぎわいを見せる。直径480mに及ぶ大輪の花を開く20号の大玉、全長500mの仕掛花火や水中花火が、会場を埋めた23万人もの観客を魅了する。西の浜は、周囲に日本三大松原のひとつ「虹の松原」や、鏡山、唐津城など唐津のシンボルがある白砂青松の景勝地。昼の観光、夜の花火と、唐津での一日をゆっくりと満喫してみては。

“音と光のファンタジー”花火 in KAGURA 32

旭川市の夏の風物詩として行われる“音と光のファンタジー”花火 in KAGURAは、1989(平成元)年より始まり今年32回目を迎える。約3000発(予定)の多種多様な花火が音楽に合わせて打上げられ、夏の夜空を彩る。会場では、フラメンコや地元のダンスグループの競演が行われるステージイベントのほか、大型LEDディスプレイによるステージ中継や企業広告など、多様な情報発信を予定。また、当日はちびっこ消防士体験をはじめ、ヨーヨー釣りや射的、スイカ割りなど懐かしい縁日と露店が30店舗ほど出店し会場はにぎわう。

第38回まるせっぷ観光まつり

道央にそびえたつ大雪山の北東に位置する遠軽町丸瀬布。町の中心からさらに山の奥へと入った森林公園いこいの森では、北海道遺産である森林鉄道蒸気機関車「雨宮21号」が黒煙を上げて走り、近くには昆虫生態館や日帰り温泉などがある。「まるせっぷ観光まつり」は2日間にわたり開催され、初日の夜には、単発、連発を含めた色とりどりの花火が約3000発打上げられる。山にぐるりと囲まれた森林公園いこいの森で行われるので、音がこだまして迫力満点だ。興奮と感動、臨場感あふれるサウンド効果と光の演出に目が離せない。

第39回洞爺湖ロングラン花火大会

「ロングラン」の名にふさわしく、6月1日から10月の終わりにかけて繰り広げられる花火大会。春から秋まで季節によって違った趣があるので、何度も訪れて比べてみるのもいい。8月の夏祭り開催期間中は露店も出て、多くの人でにぎわいを見せる。1日の打上げは、20分間に約450発。湖に浮かべた船上から、次から次へと大輪の花を夜空に咲かせる。水面に映る花火と、夜空の花火は、どちらも甲乙つけがたい美しさ。水面で扇形に広がる水中花火や、花火観賞船から見る花火もいい。今年は7月18日に水中花火108連発、9月5日は大玉水中花火5連発が行われ、大迫力の花火が楽しめる。

第41回足寄ふるさと盆踊り・両国花火大会

町の端から端まで、車で走っても1時間はかかってしまうほど広々とした北の大地、足寄町で開催される、今年で41回目の「足寄ふるさと盆踊り・両国花火大会」。思わず笑顔がこぼれる「仮装盆踊り大会」(賞金つき、当日参加可能)や「子ども盆踊り大会」、「お楽しみ抽選会」なども予定されている。「両国花火大会」は、イベントのハイライトとして、足寄町の夜空を盛大に彩る花火大会。デジタルリンク(コンピュータ制御)を駆使した、エンターテインメント性の高い構成となっている。

第40回八戸花火大会

尺玉をはじめ、多くの種類の花火が目と耳で楽しめる八戸花火大会。ダイナミックかつ艶やかな花火が夜空を盛大に染め上げる。海風を感じながらの「光と音の競演」は夏の醍醐味。今年も復興の象徴として、すばらしい大会を目指している。開催場所である館鼻漁港は東日本大震災で大きな津波被害を受けた岸壁。華やかな花火が東北の港の元気を全国に向けて発信する。

もっと見る