メニュー

よろんじょうせき
与論城跡

琉球王朝時代の城跡

15世紀初頭、琉球北山王の三男、王舅が島に渡り、島主となって築城を計画。王朝が滅亡したために未完成だが、天然の三層の断崖と、これを結ぶ200mあまりのサンゴの石垣が残る。

電話番号 0997-97-4902
価格 情報なし
住所
鹿児島県大島郡与論町城
会場アクセス 役場前バス停から南陸運バス南回りで14分、石仁前下車、徒歩5分
設備情報 通年
提供元情報 ©昭文社