メニュー

くまのはやたまたいしゃ
熊野速玉大社

縁結びの神として名高い全国熊野神社の総本宮

神倉神社のある神倉山に降臨した熊野の神々が、景行天皇の時代に現在地に初めて社を建て祀られたことから、新宮の地名の由来となっている。主祭神は権現信仰として薬師如来ともいわれる、力強く輝く御霊の象徴、速玉大神(はやたまのおおかみ<別称いざなぎのみこと>)と産霊の神・夫須美大神(ふすみのおおかみ<別称いざなみのみこと>)の夫婦神であることから、縁結びの神社としても知られている。

電話番号 0735-22-2533
価格 入館料(神宝館)=大人500円、高校生以下無料/彩絵檜扇絵馬=1000円/なぎ人形=1500円/鳥居型絵馬=600円/八咫烏絵馬=600円/牛王神符=500円/御神木ナギの苗木=400円(2本1組)/『熊野観心十界曼荼羅』の神職解説(30分)=500円(要問合せ)/ 30名以上の団体は1割引
支払方法 カード不可
住所
和歌山県新宮市新宮1
最寄駅 新宮駅 (1,315m) / 鵜殿駅 (3,016m) / 三輪崎駅 (4,735m)
会場アクセス JRきのくに線新宮駅から徒歩20分
設備情報 通年
提供元情報 ©昭文社