メニュー

けいとくいん
景徳院

武田勝頼公の菩提寺

天正10(1582)年、武田勝頼一族が織田・徳川の連合軍に敗れ、武田家終焉の地となった田野集落にある。寺は徳川家康が武田一族と家臣の冥福を祈るため建立させたもの。

価格 情報なし
住所
山梨県甲州市大和町田野389
最寄駅 甲斐大和駅 (2,016m) / 笹子駅 (4,563m) / 勝沼ぶどう郷駅 (6,490m)
会場アクセス JR中央本線甲斐大和駅から甲州市民バス景徳院入口・天目行きで4分、景徳院入口下車すぐ
設備情報 通年
提供元情報 ©昭文社