メニュー

きゅうありじけじゅうたくほうじんのいえ
旧有路家住宅(封人の家)

芭蕉が泊まったとされる庄屋住宅

江戸時代初期に建てられたと推定される、新庄領堺田村の庄屋の住宅。元禄2(1689)年、松尾芭蕉が旅の途中にこの家に3日間逗留したとされ、その際に詠んだ句が『おくのほそ道』のなかに収められている。

電話番号 0233-45-2397
価格 大人(高校生以上)250円、小人(小・中学生)120円 20名以上は団体割引あり、高校生以上180円、小・中学生80円、障がい者手帳持参で割引あり
支払方法 カード不可
住所
山形県最上郡最上町堺田59-3
最寄駅 堺田駅 (382m) / 中山平温泉駅 (4,715m) / 赤倉温泉駅 (5,478m)
会場アクセス JR陸羽東線堺田駅から徒歩5分
設備情報 4~11月
提供元情報 ©昭文社