メニュー

しせきしちのへじょうあと
史跡七戸城跡

歴史を重ねた史跡に思いをはせる

室町時代の初期(14世紀後半)に根城南部第八代城主の南部政光が築城したと伝えられる。戦国時代末の天正19(1591)年に、九戸の戦いにおいて豊臣秀吉軍によって落城した。近世には代官所として利用された。北館曲輪からは中世期の御主殿などの建物跡をはじめ宝物殿なども検出。昭和16(1941)年に国の史跡に指定された。

電話番号 0176-58-5530
価格 情報なし
住所
青森県上北郡七戸町城ノ後
最寄駅 七戸十和田駅 (2,470m)
会場アクセス JR東北新幹線七戸十和田駅からタクシーで10分
設備情報 通年
提供元情報 ©昭文社