メニュー

だい160かいこがちょうちんさおもみまつり
第160回 古河提灯竿もみまつり<中止となりました>

2020年12月05日

古河市観光協会

提灯の火を消し合う関東の奇祭

<中止となりました> 竹竿の先につけた提灯の灯を消そうと竹竿を激しくもみ合う祭りで「関東の奇祭」と言われている。 江戸時代古河藩領(現・栃木県野木町)であった野木神社の神官がご神体の神鉾を奉じて馬に乗り、神社の神領である七ヶ村の末社をめぐり「七郷めぐり」を終え、12月3日末明に帰社するのを提灯を持って出迎えた人達が、寒さをしのぐために身体を揉み合ったのが始まりで「おかえり」と言われた。

開催日に関する備考 新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、中止となりました。
会場名 古河駅西口おまつり特設会場
会場名よみがな コガエキニシグチオマツリトクセツカイジョウ
屋内外区分 屋外
お問い合わせ先名 古河市観光協会
電話番号 0280-23-1266
ホームページ(URL)
価格 無料
住所 306-0023
茨城県古河市本町2丁目
最寄駅 古河駅 (183m) / 新古河駅 (1,873m) / 柳生駅 (4,483m)
会場アクセス 東北自動車道「久喜」ICより約30分 /「館林」ICより20分 JR宇都宮線古河駅西口より徒歩約1分
提供元情報 イベントバンク