メニュー

ゴユナツマツリ
御油夏まつり

2019年8月3日・4日

  • 愛知

勇壮な神輿行脚とバラエティに富んだ花火

旧東海道の宿場町に位置する豊川市御油町の御油神社。祭礼の一環として行われる夏まつりでは、厄男たちが神輿をかついで2日かけて町内を巡行する慣わしとなっている。1日目に御油神社を出発した神輿が御旅所に到着した後、手筒花火が奉納され、夜空に花火が打上がる。翌日、山車行列とともに神輿が神社に還った後、まつりを締めくくる花火が盛大に打上がる。松明の明かりに照らされながら道中を行く夜の神輿還御は特に勇壮。夏空に映えるさまざまな花火は圧巻だ。

イベント期間 2019年8月3日・4日
開催地・所在地 愛知県豊川市音羽川河畔(御油橋付近)
問い合わせ先名称 豊川市観光協会
問い合わせ先TEL 0533-89-2206
問い合わせ先備考 0533-87-7214 御油公民館
アクセス(公共交通機関) 名鉄名古屋本線御油駅から徒歩5分
営業時間・開催時間 19:30~21:30(3日)、19:30~22:00(4日)
駐車場有無
駐車場台数 0
駐車場有料無料 無料
URL
荒天時 小雨決行、荒天時は中止
打上数 手筒煙火約50本(3日)、打上げ花火3000発(2日間で)
人出 約3万人
交通規制 あり(3日7:00~22:00・4日12:30~22:00、旧東海道筋)
トイレ数 未定
有料席の有無 なし
ロケーション_海 該当しない
ロケーション_湖 該当しない
ロケーション_河川 該当
ロケーション_その他 該当しない
大会規模 1~1500発
おすすめ物件 おすすめ
提供元情報 ©昭文社