メニュー

オカザキジョウカイエヤスコウナツマツリダイナナジュウイッカイハナビタイカイ
岡崎城下家康公夏まつり 第71回花火大会

2019年8月3日

  • 愛知

江戸時代から続く三河花火の歴史と伝統を堪能したい

三河花火の起源は江戸初期までさかのぼる。江戸幕府初代将軍・徳川家康が、その生誕の地である三河の若者を中心に鉄砲隊を編成。そして火薬の製造と管理を三河に限らせた。この「お国もの」の特権が三河花火のルーツとされている。そんな歴史と伝統を背景に、この花火大会は開催される。川面に浮かぶ情緒豊かな鉾船と岡崎城をバックに仕掛花火やスターマインなどが次々と夜空を彩る。三河花火の伝統的な水上花火である金魚花火も必見。水面の四方八方に赤・緑・銀の光がパチパチと音を立てて漂う。

イベント期間 2019年8月3日
開催地・所在地 愛知県岡崎市乙川・矢作川河畔
問い合わせ先名称 岡崎市観光協会
問い合わせ先TEL 0564-64-1637
アクセス(公共交通機関) 名鉄名古屋本線東岡崎駅、または愛知環状鉄道中岡崎駅から徒歩10分(岡崎公園)
料金 桟敷1枡(6名まで)48000円(予定)
営業時間・開催時間 18:50~21:00
駐車場有無
駐車場台数 0
駐車場有料無料 無料
URL
荒天時 雨天決行、警報等の荒天又は乙川増水の場合は翌日に順延
打上数 非公表
人出 48万人
交通規制 あり(17:00~22:00、会場周辺。マイカーでの来場不可)
トイレ数 既設の他に仮設約15ヶ所
有料席の有無 あり
ロケーション_海 該当しない
ロケーション_湖 該当しない
ロケーション_河川 該当
ロケーション_その他 該当しない
大会規模 非公表・未定
おすすめ物件 おすすめ
提供元情報 ©昭文社