メニュー

ユスハラハチマングウ
柞原八幡宮

2019年1月1日~

  • 大分

樹齢3000年、天然記念物のクスノキが茂る深い森に鎮座する

平安初期の天長4(827)年に創建、「豊後一の宮」とされ国司や武家などが崇敬した由緒ある神社。約2万5000坪の境内にある社殿は嘉永年間(1848~1854)に再建された壮麗な八幡造りで、本殿など10棟が国の重要文化財に指定されている。南大門は、別名「日暮しの門」と呼ばれ、その横にある樹齢約3000年と伝えられる楠木は全国巨木調査第7位の国指定天然記念物。ほかに樹齢約400年の「ホルトの木」もある。国指定重要文化財の宝物がある宝物殿の拝観は予約制。参道には幸運の石とされる亀甲石と扇石もある。

イベント期間 2019年1月1日~
開催地・所在地 大分県大分市八幡987
問い合わせ先名称 柞原八幡宮
問い合わせ先TEL 097-534-0065
アクセス(公共交通機関) JR大分駅から大分交通バス柞原行きで35分、終点下車、徒歩5分
アクセス(自動車) 東九州自動車道大分ICから一般道を経由し、県道696号を高崎山方面へ車で6km
料金 参拝無料、宝物殿大人300円・小人100円
営業時間・開催時間 境内自由、宝物殿8:30~16:30(1月1日~3日は~17:00)※要予約
駐車場有無
駐車場台数 500
駐車場有料無料 無料
駐車場備考 臨時駐車場を含む
URL
三が日の人出 約17万人
イベント1 2018年12月31日~2019年1月1日 竹灯籠(境内にて)
おすすめ物件 おすすめ
提供元情報 ©昭文社