メニュー

フカガワジンジャ
深川神社

2019年1月1日~

  • 愛知

宝亀2(771)年に創建された瀬戸の産土神

奈良時代に朝廷・藤原氏縁の天津神(あまつかみ)をこの地に勧請し、創建された。本殿は、約190年前(文政年間)に諏訪の名工・立川和四郎が手がけたもので、平成11(1999)年、瀬戸市有形文化財に指定されている。また、瀬戸陶業の始祖といわれる加藤四郎左衛門景正が奉納した、国の重要文化財の狛犬がある。神社境内にはその加藤四郎左衛門景正を祀る陶彦(すえひこ)社もあり、毎年4月には陶祖祭が行われる。正月5日の初ゑびすの日には、神社周辺の商店街主催で、七福神行列と初笑いを行う。

イベント期間 2019年1月1日~
開催地・所在地 愛知県瀬戸市深川町11
問い合わせ先名称 深川神社
問い合わせ先TEL 0561-82-2764
アクセス(公共交通機関) 名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅から徒歩8分
アクセス(自動車) 東海環状自動車道せと赤津ICから県道33号・国道248号を経由し、県道207号を磁祖公園方面へ車で3km
駐車場有無
駐車場台数 20
駐車場有料無料 有料
駐車場備考 12月31日夜~1月3日は駐車不可。30分無料、30分経過で200円、以後60分ごとに100円
URL
三が日の人出 約5万人
イベント1 2019年1月5日 5:00 初ゑびす・御神符頒布(より良い一年となるよう「初ゑびす」に祈願する「七福神行列」が各商店街を巡り、「初笑い」や「福銭配布」などで盛り上げる)
おすすめ物件 おすすめ
提供元情報 ©昭文社