メニュー

クシヒキハチマングウ
櫛引八幡宮

2019年1月1日~

  • 青森

大鎧の最高傑作といわれる国宝2領を所蔵する南部の総鎮守

建久3(1192)年に八幡大明神を甲州より遷座し仮宮を営んだのが始まりで、本殿は慶安元(1648)年に南部重直によって建立されたもの。旧拝殿、正門などとともに国の重要文化財に指定されている。境内の国宝館では、「菊一文字の鎧兜」「卯の花糸威鎧」とも呼ばれる国宝2領のほか、多数の社宝が展示されている。また、当宮発祥である民芸品「八幡馬」は日本三大駒としても有名。元日は、歳男による年明太鼓で始まり、祈祷は0:00から19:00まで随時受け付けている。

イベント期間 2019年1月1日~
開催地・所在地 青森県八戸市八幡八幡丁3
問い合わせ先名称 櫛引八幡宮
問い合わせ先TEL 0178-27-3053
アクセス(公共交通機関) JR東北新幹線八戸駅からタクシーで10分
アクセス(自動車) 八戸自動車道八戸ICから県道29号を経由し、国道104号を櫛引方面へ車で4km
料金 神社拝観料無料、国宝館入館料大人400円・中高校生300円・小学生200円・幼児無料
営業時間・開催時間 御祈祷受付時間1月1日0:00~19:00、2日・3日8:30~19:00、4日以降8:30~17:30、国宝館12月31日~1月1日終日、2日・3日9:00~19:00、4日以降9:00~17:00※参拝は自由だが、御守やおみくじの授与は御祈祷受付時間内で
駐車場有無
駐車場台数 1000
駐車場有料無料 無料
駐車場備考 臨時駐車場あり
URL
三が日の人出 約13万人
イベント1 2019年1月1日 0:00~19:00(随時受付) 新年祈祷
おすすめ物件 おすすめ
提供元情報 ©昭文社