メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

季節特集一覧

イルミネーション特集

京都二条城イルミナージュ

京都二条城イルミナージュ実行委員会は、2020年12月14日から2021年2月21日までの67日間、世界遺産・元離宮二条城において、初めて「京都二条城イルミナージュ」を開催。「日本の四季 Four Seasons ~春夏秋冬~」をテーマに、元離宮二条城の歴史と京都の美しい四季をイルミネーションで表現。新型コロナウイルス感染症対策を万全に講じた場内で、鮮やかな光の空間演出による、京都の冬ならではの神秘的な空間を楽しめる。

京都駅ビル 光のファンタジー2020 ~未来に灯す希望の光~

京都駅ビルでは、昨年リニューアルした空中径路や東広場をはじめ、大階段(グラフィカルイルミネーションPlus)に新たなツリーのコンテンツが登場。そのほかに、テーマカラーのブルーに統一したコンテンツを東広場や空中径路、大階段、駅前広場に追加。ブルーのコンテンツは毎時00分に4ヶ所同時に点灯する。また、駅前広場の「ときめきプロジェクト」は周辺企業と連携した協調演出を実施。ブルーは心を落ち着かせる色で社会に平穏をもたらしたいという願いと、青空を見上げて明るい未来に前進するようにというメッセージが込められている。

京都・嵐山花灯路-2020

京都の夜を「灯り」と「花」で彩る「京都・花灯路」は、2003(平成15)年に東山地域で始まり、2005(平成17)年からは嵯峨・嵐山地域でも行われるようになった。以降、「嵐山花灯路」では、嵯峨・嵐山地域で日本情緒豊かな陰影のある露地行灯の「灯り」とボリューム感のあるいけばな作品の「花」で演出した、華やぎのある散策路を創出。初冬の京都の季節感を魅力的に表現する。

光のページェント TWINKLE JOYO 2020

京都府城陽市で開催する光のページェント「TWINKLE JOYO」は2002(平成14)年にスタート。文化パルク城陽をはじめ、市内のコミュニティセンターや商店街にも装飾の輪が広がり、回を重ねるごとに発展してきた。電球約70万球で、団体や企業、グループから募った個性あふれるデザインをボランティアの協力のもとで装飾する。(来場の際の注意事項は城陽市観光協会公式ホームページを参照)

京都イルミネーション シナスタジアヒルズ

温浴宿泊施設「京都るり渓温泉 for REST RESORT」で1年を通して楽しめるイルミネーション。通常とは異なる感覚を呼び起こす共感覚(シナスタジア)をコンセプトに、自然に調和した光のアートに壮大な音楽が融合し、まるで光の森に迷い込んだかのような感覚に誘う。2019年に登場した「天空の芸術 オーロラエクスペリエンス」は気象条件によって見え方が大きく変わるのが特徴で、雨や霧が出た日、雪が降った日などはひときわ感動的なオーロラ体験ができる。