メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

季節特集一覧

花見特集

中将姫誓願桜

岐阜市街の東方、願成寺の境内にあり、樹高8.1m、根元の周囲1.5mの桜で、種類はヤマザクラから変化したものと思われる。花弁の数が20弁から30弁あり、これはヤマザクラよりも多く、珍種であることが確認されている。かつて中将姫様が、婦人特有の病平癒を願ってこの地に植えられたものだという。1929(昭和4)年に文部省から天然記念物の指定を受けている。

墨俣一夜城・犀川堤

木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)が、一夜にして築いたと伝えられる墨俣一夜城。その周りを流れる犀川の堤防には樹齢50年を超えるソメイヨシノ約700本の桜並木が3.7kmにわたり続き、別名「桜堤防」ともいわれている。墨俣一夜城(大垣市墨俣歴史資料館)と桜の調和が見事だが、資料館の最上階から眺める景色もおすすめだ。ライトアップされた墨俣一夜城をバックにした夜桜も必見。

荘川桜

御母衣(みぼろ)湖に面した国道156号沿いの中野展望台に植えられた樹齢500年に迫る巨桜。御母衣ダム建設で湖底に沈むはずだった2本の桜を、現在の場所に移植したところ見事に根付いたという。県の天然記念物に指定されている。

臥龍桜

龍が臥した姿に似ていることから名づけられたという国指定天然記念物のエドヒガンザクラの大樹。樹齢1100年以上、枝張り30m、幹は目の高さで周囲約7m、高さ20mにもおよぶ。何度か枯死の危機に見舞われながらも、毎年きれいな花を咲かせている。

寺尾ヶ原千本桜公園

標高220mの寺尾峠を越える道の両側に、約2kmにわたって続く桜並木。満開の時期には、ピンク色に染まった約1000本の桜が見事な花のトンネルをつくり、幻想的な気分が味わえる。

恵那峡

両岸に約20種類もの巨大な奇岩・怪石がそびえたつ恵那峡。春には桜やツツジが彩りを添える。「恵那峡さざなみ公園」は昔から桜の名所といわれている。遊覧船で恵那峡めぐりを楽しみながら、桜を見るのも風情がある。

新境川堤

新境川の両岸に約1200本の桜があり、「百十郎桜」という呼び名で親しまれている。地元出身の歌舞伎役者・市川百十郎が、水路の完成を記念して昭和初期に寄贈した桜だという。

根尾谷淡墨桜

淡墨桜の名称は、散りぎわに淡い墨を引いたような色になることから名付けられたといわれている。樹齢1500年あまりの巨木は、過去数回にわたる枯死の危機を乗り越えてきた。国の天然記念物にも指定されている。また、近くには“うすずみ温泉”があり、日帰り入浴も楽しめる。

苗代桜

エドヒガンザクラに属する高さ30mと25mの巨木は、樹齢約400年といわれ、県の天然記念物に指定されている。名前の由来は、毎年開花時期に苗代の準備を始めたことからといわれている。
もっと見る