メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

季節特集一覧

花火特集

第65回福井フェニックス花火

3日間にわたって開催される「福井フェニックスまつり」の初日の夜を彩る花火大会。足羽川の夜空を舞台に盛大に花火が打上げられ、まつりを盛り上げる。福井の夏の風物詩として親しまれているこの花火は、街なかでありながらさまざまな種類の花火が見られることで人気が高い。河川敷が会場のため広い範囲で観覧が可能だ。色とりどりの美しい花火は、真夏の夜の素敵な思い出となるだろう。

第69回とうろう流しと大花火大会

クロマツ、アカマツの老木が見事な枝ぶりを見せる名勝「気比の松原」。三保の松原・虹の松原と並ぶ「日本三大松原」の一つで、奈良時代に一夜にしてできたという伝説があり、「一夜の松原」とも呼ばれている。その美しい海岸線は、1928(昭和3)年に国の名勝に指定。若狭湾国定公園、越前加賀海岸国定公園に含まれている。この地の恒例行事が1950(昭和25)年に始まった「とうろう流しと大花火大会」。僧侶の読経のなか、赤・青・黄の3色のとうろう約6000個が松原海岸に流され、水上花火やスターマインなどの花火が夜空にきらめく。

第51回おおの城まつり大花火大会

福井市から30kmほど内陸に入った越前大野城は、織田信長の家臣が築いたもの。また、一乗谷の合戦で信長に大敗した朝倉義景の墓所も市内にある。夏の一大イベントの「おおの城まつり」は毎年8月のお盆期間に開催されており、「越前おおのおどり」を大規模に展開する。13日の花火大会は、音楽にあわせた芸術スターライトマジックが見どころだ。

第38回三国花火大会

海水浴やマリンスポーツのメッカとして人気の三国サンセットビーチ。この美しい海岸で開催される「三国花火大会」は、北陸最大ともいわれるほど大規模なもの。一尺玉、二尺玉、仕掛花火、スターマインなど、多彩な花火が打上げられ、夜空を鮮やかに彩る。なかでも、この大会の名物となっているのが、花火師が直接海中に投げ入れる水中花火。海面すれすれで花が開き、扇状に開く姿が美しい。砂浜でのんびり座って眺めるのがおすすめ。新鮮な海の幸と三国温泉の名湯もあわせて楽しみたい。

永平寺大燈籠ながし

九頭竜川の永平寺河川公園で行われる永平寺町の夏の風物詩。永平寺の雲衲衆による読経の後、先人への感謝と供養の意を込めて九頭竜川に約1万個の燈籠が流される。川面にいくつもの光の帯をつくる光景は、燈籠ながしとしては国内最大級。クライマックスには、色とりどりの花火が夜空を染め、厳粛な夜は過ぎていく。また、当日はステージやバザー販売などのイベントも開催される。

越前みなと大花火2018

日本海の夏の幕開けを告げる約1万3000発の花火が視界いっぱいに広がり、夏の空を熱く焦がす。越前漁港のロケーションを最大限に活かした立体的な花火や、上空250mから水面まで咲き乱れる10号芸術花火、最大直径300mの水中大玉10連発、20号玉など豪華なラインナップのプログラムを展開。会場では、越前のおいしい屋台が並ぶほか、盆踊り大会も開催され、たくさんの人でにぎわう。

夏フェスタ美浜2018

リアス式海岸が、独特の景観を見せる美浜町。三方五湖の一つである、自然豊かな久々子湖で「夏フェスタ美浜」を開催。ステージイベントや出店などで大いににぎわう。イベントの締めくくりは打上げ花火。今年は「灯せしあわせ美浜の火」をテーマに約2000発が夜空を彩る。久々子湖はラムサール条約に登録され、またボートの全国大会の会場でもある。豊かな自然のなかで行われるイベントで忘れられない夏の思い出をつくろう。

若狭高浜花火大会

広々とした砂浜と、どこまでも続く水平線、まぶしい青空が広がり「日本海のマイアミビーチ」とも呼ばれる若狭高浜。豊かな自然と素朴な人情の町で繰り広げられる花火大会は、水中花火をメインにスターマインなどを盛大に打上げる。浜辺から見ていると頭上に降り注いでくるような迫力だ。また、7月21日に開催の「漁火想2018」では、若宮海水浴場や町内を約1万2000個のキャンドルでライトアップ。海岸には一面に光のじゅうたんが広がる中、水面に見事な扇形を映す水中花火を打上げる。

若狭おおいのスーパー大火勢

「スーパー大火勢(おおがせ)」は高さ20m、重さ1t、木の葉型の大松明に火をつけ、炎を上げて燃えているところを、約70名もの若者が勢いよく振り回し、炎の勢いが衰え始めたころ海へ倒す、という勇壮な火祭り。火の粉と熱気で、真夏の夜がさらに熱く盛り上がる。花火大会はこの「スーパー大火勢」終了にタイミングを合わせて開始。とにかく間近で見られるのと、約30分間ノンストップで打上げられるため、かなりの迫力が感じられる。力強い太鼓の演奏など、多彩なイベントも開催される。