メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

季節特集一覧

紅葉特集

きみまち阪県立自然公園

かつて街道の難所で険しい山道だった場所で、明治14(1881)年、ここを訪れた明治天皇がその景色に感動したという。その際、天皇の旅を気遣う皇后の手紙が渡されたことから「きみまち阪」と名づけられた。岩肌を彩るハウチワカエデ、ヤマモミジ、ベニイタヤなどを背景にハート型の鐘を鳴らすのもロマンチックだ。

小安峡

宮城県に接する湯沢市を代表する景勝地・小安峡は、古くからの温泉地としても知られている。深くえぐられた渓谷を彩る紅葉は、岩肌とのコントラストが印象的。さらに温泉地のすぐ近くには、熱湯と蒸気が噴出する小安峡随一の名所「大噴湯」がある。紅葉をバックにシューっと噴き上がる白い蒸気は迫力満点だ。

三途川渓谷

三途川という名称が示すとおり、渓谷の奥にあるのは「川原毛地獄」。青森県の恐山、富山県の立山と並ぶ日本三大霊地の一つだ。渓谷の断崖絶壁には高さ約40mの橋が架かり、まさに「この世」と「あの世」の架け橋さながら。そこから真っ赤に色づいた渓谷を眺めると、美しい紅葉風景もいささか恐ろしげに見えるかも。

秋の宮温泉郷

秋田県内で最古の温泉地と伝えられる「秋の宮温泉郷」は、かつての文人にも好まれ、武者小路実篤らが長く滞在したことでも知られる。今も湯量豊富な温泉として人気で、温泉宿からは春は新緑、秋は紅葉の情景が楽しめる。近くを通る国道108号は「仙秋サンライン」とも呼ばれ、周辺を覆う原生林が見事に色づく。

鳥海山

秋田県と山形県にまたがる鳥海山は、標高2236m。「出羽富士」とも呼ばれ、日本海を間近に望む。寒暖の差が激しく、四季の変化がはっきりとしているため、紅葉シーズンの景色は抜群だ。周辺にはいくつか登山ルートがあるが、五合目まで登る「鳥海ブルーライン」をドライブしながら色づいたブナなどを見るのがおすすめ。

八幡平

数多くの見どころに恵まれた八幡平だが、ドライブするなら全長約27kmの「八幡平アスピーテライン」ははずせない。全国でも有数の美しい紅葉が楽しめるこのルートは、カーブを曲がるたびに次々と秋の絶景が広がる。ブナやカエデが美しく色づいたさまは実に見事だ。10月には各地でイベントが開催される。

抱返り渓谷

田沢湖の南に広がる抱返り渓谷は、東北の耶馬溪とも称される景勝地。紅葉の時期になると、色鮮やかに染まったブナやカエデの原生林がすばらしい。荒々しい渓流の岩肌を赤く装い、数々の滝は自然の絶妙な演出と思える見事さだ。遊歩道は「神の岩橋」から「回顧の滝」までの区間のみ通行可。

角館

秋田藩の支藩、佐竹北家の城下町だった角館は、「みちのくの小京都」とも呼ばれている。町全体に昔ながらの懐かしい風情が残っているが、特に武家屋敷が並ぶ内町は独特の雰囲気に満ちている。萱葺きの屋根、古めかしくも風格漂う門構えとヤマモミジやイチョウなどの彩りは、まさに一幅の絵画を思わせる。