メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

季節特集一覧

イルミネーション特集

SAPPORO FACTORY CHRISTMAS 2019

サッポロファクトリーでは、ひろおサンタランドより寄贈された高さ約15mのトドマツに、赤・青・黄・白・緑・ゴールドの電球を約4万個装飾したジャンボクリスマスツリーがアトリウムで輝く。きらびやかなLEDとオーナメントを施し、華やかで洗練された美しさは格別。また、館内全体がイルミネーションで彩られ、夜はロマンチックなムードに包まれる。毎時0分から約5分間実施される、音楽にあわせて光が変化するショータイムは好評だ。光と音の絶妙なコラボレーションは必見。

第39回さっぽろホワイトイルミネーション

日本で最初のイルミネーションで、1981(昭和56)年、大通公園2丁目広場で1048球の電球から始まった。年々その規模・内容も充実し、国内を代表する光のイベントに成長。北海道の自然やクリスマスをイメージしたオブジェなど、たくさんの電球が駅前通と大通公園で光のラインとなってクロスする。また、11月22日から12月25日までは「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」も開催される。

白い恋人パークイルミネーション 2019-2020

「白い恋人パーク」のローズガーデン(中庭)が、11月30日から2月にかけてイルミネーションで華やかに彩られる。建物やフェンスなどを飾る約10万球の電飾と、からくり時計塔のライトアップは見応え十分。メインツリーやトナカイのオブジェは、写真撮影スポットとして人気だ。ドリンクを飲みながら幻想的な風景を眺めれば、まるで外国にいるような気分が味わえるだろう。ロマンチックで心温まるひとときを楽しみたい。

五稜星の夢イルミネーション

特別史跡「五稜郭跡」の堀の周囲約1.8kmを約2000個のイルミネーションで包み込み、白い大地に星形を浮かび上がらせる「五稜星の夢(ホシノユメ)イルミネーション」。地上からは見ることのできない雪に覆われた白い五稜星は、誰もが「空から見てみたい」という気持ちになるはず。極寒の闇の中に繰り広げられる幻想的でムードたっぷりの光景は、函館の冬の風物詩として訪れる人々を魅了する。また、今年は30回記念として、広場のライトアップ拡充も予定している。

2019 はこだてクリスマスファンタジー

函館市と姉妹都市のカナダ・ハリファックス市から寄贈される幸せを呼ぶ巨大モミの木が、今年も約1万8000kmの距離を越えてやってくる。毎日18:00からツリーの点灯とともに、花火が打上がり、約15万球のイルミネーションで飾られたツリーと花火の競演が楽しめる。また、会場周辺ではオリジナルスープなどを販売するスープバーもオープンし、様々なイベントが行われ、函館がクリスマスムードに染まる。

はこだて冬フェスティバル・はこだてイルミネーション

異国情緒漂う函館山麓の西部地区が、この冬もイルミネーションで美しく彩られる。二十間坂の両側の木々は、温かい電飾で演出され、函館港を望む八幡坂もロマンチックな雰囲気に包まれる。キンと冷えた空気が、ライトアップされた情景をいっそう美しく映し出すだろう。温かな光が幻想的な世界を創り上げ、函館の冬の魅力を存分に味わうことができる。思い出にぜひ記念撮影してみてはいかが。

小樽ゆき物語

「硝子の街 小樽」にふさわしい小樽の冬の風物詩。小樽運河は青いイルミネーションとライトアップで「青の運河」に変身。運河プラザ内にはワイングラスを積み上げた高さ3mの「ワイングラスタワー」が登場し、幻想的な輝きを放つ。また、運河プラザの前庭には、漁業で使われるガラス製の浮き玉約150個に電飾を施した「浮き玉ツリー」が飾られ、撮影スポットとしても人気だ。さらに、JR小樽駅構内には小樽市内の工房で作られた作品を展示するガラスアートギャラリーがお目見えし、訪れる人を出迎える。

ロマネスクイルミネーション

浅草橋と中央橋の間に建ち並ぶ小樽運河倉庫群、運河プラザ、日本銀行旧小樽支店(現 金融資料館)、旧三井銀行小樽支店、旧日本郵船株式会社小樽支店が夜間ライトアップされる。歴史ある建造物が暗闇に浮かび上がり、幻想的な情景を観賞できる。運河プラザには観光案内所と物産販売店があり、観光の拠点に便利だ。また、周辺には北一硝子や小樽オルゴール堂など見どころも多いので、日中に観光しながら建物の昼の顔を見ておくと、ライトアップがいっそう楽しめるだろう。

あさひかわ街あかりイルミネーション

冬の旭川中心部を彩るイルミネーション。旭川の中心市街地にある平和通買物公園、7条緑道、緑橋通、昭和通の4ヶ所を約13万球の灯りが彩る、旭川の冬の風物詩。厳冬期の凛とした空気の中、雪を被って輝くイルミネーションのきらめきは、北国旭川らしい美しい光景だ。旭川駅前から続く元祖ホコテン「平和通買物公園」のモニュメントイルミや、7条緑道の光のトンネル「緑道イルミ」などが華やかに街を彩る。また、11月30日には点灯式も行われる。
もっと見る