メニュー

キーワードから探す

駅名・住所から探す

地図から探す
北海道 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

季節特集一覧

花火特集

2018道新・UHB花火大会

札幌市街を流れる豊平川で打上げられる唯一の花火大会で、夏の幕開けを彩る大会だ。趣向を凝らした創作花火など、3部構成の多彩なプログラムで見物客を魅了する。打上げ場所は豊平川の河川敷。川面に映る花火も風情がある。特にラスト近くの盛り上がりは素晴らしい迫力で、会場は拍手喝采。市民も観光客もいっしょに盛り上がる。

モエレ沼芸術花火2018

国内最高峰の花火師たちの玉を贅沢に組み合わせた、ノンストップの芸術花火プログラムが繰り広げられる「モエレ沼芸術花火」。広大なモエレ沼公園の奥行きや、「大地の彫刻」ともいわれる起伏をいかし、他の花火大会では見られない立体的な3D展開が楽しめる。滞空時間、残存光を計算に入れ、1/30秒単位でコントロールされる花火は音楽のリズム・メロディー・楽器・歌詞・ボーカルに合わせて演出。全編を通して音楽のリズムや曲調に合わせ打上がり、男女や世代を問わず愛される名曲と相まって、深い感動のひとときを堪能できる。

ティーバイティーガレージPresents 第8回真駒内花火大会

花火・音楽・照明・炎をシンクロさせた北海道最大級の花火大会。全国の花火競技会で内閣総理大臣賞を何度も受賞している「紅屋青木煙火店」や、多くのテーマパークの演出を手掛け、数々の国際コンクールでの受賞歴を誇る「丸玉屋」が今年も参加。また、フィナーレは紅屋青木煙火店による日本最高峰の花火を披露する。夜空に描かれる光のアートで、最高の時間を満喫しよう。

第53回湯の川温泉花火大会

湯の川温泉で行われる夏を締めくくる花火大会。夏の終わりを惜しむように盛大に打上げられる花火は、水面に映え、見ごたえ十分だ。海岸沿いはもちろん、近くの高台から眺めるのもいい。函館ではちょうどこのシーズン、イカ漁が最盛期を迎える。はるか沖合に等間隔に並ぶ漁船の灯りが、ロマンチックな風情をかもし出している。

函館港まつり協賛 第63回道新花火大会

「函館港まつり」の初日の夜を彩る花火。ワイドスターマイン、仕掛花火、水上花火などが打上げられ、カラフルな絵巻を繰り広げる。会場で見るのもいいが、函館山から見下ろすのもおすすめ。夜景と花火の両方を同時に楽しめる。もともとは、1934(昭和9)年の函館の火災で沈んだ人の心を明るくしようと始まった「函館港まつり」。趣向を凝らした衣装で市民が踊る「ワッショイはこだて」など楽しいイベントが目白押しだ。

道新納涼花火大会

海への感謝と、郷土小樽の発展を全市民あげて祈念する「おたる潮まつり」。潮ねりこみ、神輿パレード、潮太鼓など、とにかく熱気あふれるイベントが目白押しの3日間だ。まつりの初日と最終日を飾る花火大会はスターマインなどを中心に豪華絢爛。打上げ場所が市の中心部に近いので広い範囲で見ることができ、天狗山、平磯公園、毛無山展望所などからも遠望できる。

“音と光のファンタジー”花火 in KAGURA 30

旭川市の夏の風物詩として行われる“音と光のファンタジー”花火 in KAGURA 30は、今年節目の30回目を迎える。約3000発(予定)の多種多様な花火が音楽に合わせて打上げられ、夏の夜空を彩る。会場では、フラメンコや地元のダンスグループの競演が行われるステージイベントの他、新規に大型LEDディスプレイを導入し、ステージ中継や企業広告など多様な情報発信を予定。また、前日の夕方からは前夜祭として子どもを対象に盆踊り大会や手持ち花火を復活しイベントを盛り上げる。当日は、ちびっこ消防士体験、ヨーヨー釣り、射的、スイカ割りなど懐かしい縁日や各種露店が出店しにぎわう。

旭川夏まつり 第66回道新納涼花火大会

北海道の天井とも形容される大雪山の峰々を遠くに眺める旭川市。盆地でもあることから夏場の気温は30度以上になることも珍しくない。夏の風物詩である「旭川夏まつり」の初日の夜に開催される花火大会は、石狩川の河畔から約4500発の花火を打上げる。第1部「グランドショー」、第2部「デラックスショー」、第3部「グランドフィナーレ」の3部構成で、多彩なスターマインや創作花火が見ものだ。旭川の夜空を染める花火が毎年たくさんの見物客を魅了する。

第60回釧新花火大会

新釧路川鳥取橋上手緑地公園をメイン会場に約8000発の花火が打上げられ、スケール、内容ともに道内でも有数の規模を誇る花火大会。新釧路川の河川敷から打上げられ、ほぼ真下から見ることができる。「ドーン!」という大きな音が響くと、川面が花火の色に染まる。見上げると、夜空に花火が大きく広がり、立体的に迫ってくるようだ。河川を挟んだ正面の河川敷で打上げられる豪快さが魅力。第60回記念となる今年は、釧新花火大会の顔ともいえる「ナイアガラ」をはじめ、音楽花火や大スターマイン、早打ちなど、趣向を凝らした特別プログラムで観客の目を引き付ける。
もっと見る